メスで切るほくろ除去とは 

Pocket

ほくろ除去の方法としてレーザーが多くなってきていますが、メスによる外科的な除去手術も病院によってはやってくれます。

手術をするわけですし、傷跡が抜糸をして完全に治るまで時間がかかります。

しかし、メスの手術のメリットもあるのです。
まず、再発が少ないということが挙げられます。
場所やほくろの大きさによっては、メスで切除しても傷跡がそれほど目立たずにすみます。

さらに、手術なので保険が適用されるということも大きいです。
病院によりますが、ほとんどの場合保険適用としてくれるところが多くなってきているそうです。

デメリットとしてはやはり傷跡が場所やほくろの大きさによって目立ってしまう可能性があること、傷跡が完全に治るまで長い時間を必要としてしまうことなどがあります。

特に顔の場合は、抜糸まで薬を塗ったり、絆創膏を貼ったりするので目立ってしまいます。抜糸をしても、場合によっては赤みが目立ってしまうこともあります。

This entry was posted in ほくろ除去の方法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります

    None Found